歯科治療の様子

マタニティ歯科

マタニティ歯科とは、妊娠中のお母さん特有の症状や身体の変化に配慮した治療を行う診療メニューのことです。妊娠中は食の変化やつわりなどの影響で、口腔ケアが普段と同じように行えないことが多くあります。また、身体の変化に伴い、普段よりも気をつけていただきたいお口の病気もございます。くつい歯科クリニックでは、妊娠周期や身体の状態に合わせて、負担のかからない歯科治療を行っていますので、ご予約の際は妊娠していることをお伝えください。


注意したいお口の病気(妊娠性歯周炎)

妊娠性歯周炎とは、歯周病と同じ症状を引き起こすお口のトラブルのことで、歯ぐきからの出血や腫れなどが代表的な症状となります。妊娠性歯周炎になると、歯周病菌が出すサイトカインという物質が子宮の収縮を促し、早産や低体重児出産を引き起こすことがあります。だいたい妊娠5~20週目くらいからそのリスクが高まり、普段よりもお口のケアがうまくできない時期とも重なります。トラブルを未然に防ぐためにも、できるだけ早めに受診し、しっかりと対策を立てておく必要があります。

歯科指導の様子

妊娠周期と治療方針

妊娠初期(1~4ヶ月)

妊娠により、お口の中の状態は大きく変化します。お口の中を正常に保つための唾液の分泌が少なくなり、歯周病・口臭・むし歯・口内炎などのトラブルになりやすい時期です。つわりで治療が受けにくく、切迫流産の可能性もあるため、できるだけ治療は控えます。

矢印

妊娠中期(5~7ヶ月)

一度に『食べられる量』が減ってしまうため、間食などで『食べる回数』が増えやすい時期です。食後の歯磨きによるケアは重要なので、歯磨きの基本を再確認してトラブルのリスクを減らしましょう。体調が比較的安定するため、歯科治療はこの時期が適しています。悩みがある場合は、この時期までに歯科医師に相談しておきましょう。

矢印

妊娠後期(8ヶ月以降)

いつ陣痛が起こってもおかしくない時期なので、できるだけ治療は控えます。出産準備で忙しくなり、つい歯磨きをおろそかにしてしまいがちですが、お母さんのお口が不健康だと、赤ちゃんにもむし歯の原因(細菌)をうつしてしまいやすくなります。出産準備とともに正しいデンタルケアも心がけましょう。


(※) 緊急時には、どの妊娠周期であっても適切に対応いたします。


妊娠中のお口のケア

妊娠中は、いつものように十分なデンタルケアが行えないかもしれませんが、工夫次第で清潔に保つことは可能です。妊娠性歯周炎やお子様のむし歯のリスクを増やさないためにも、できる限りの歯磨きとケアを心がけましょう。

ブラッシングできない時

歯磨き粉のニオイが嫌だと感じる場合は無理して歯磨き粉を使う必要はありません。また、つわりがひどくブラッシングできないといった場合は、お口を水でしっかりすすいでおきましょう。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシ、デンタルフロスなども活用しながら、一日のうちで体調のよい時間帯に歯磨きをしてください。できる限りのケアをするのが大切です。

様々なデンタルケア用品

フッ素やキシリトール

むし歯への抵抗力を高めるためには、歯の再石灰化を促すフッ素や、フッ素の働きを助けるキシリトールがおすすめです。可能であれば、これらの成分を含む歯磨き粉を使ったり、ガムを噛んだりして歯質を強化するようにしましょう。

ストレスの少ない生活を

免疫力の低下は母体にも胎児にもよくありません。また、妊娠性歯周炎も悪化させる可能性があります。できるだけ規則正しい生活や、ストレスの少ない生活を心がけ、リラックスできる環境を整えましょう。

今すぐ電話する