歯科治療の様子

虫歯治療ドックスベストセメント

ドックスベストセメント(Doc's BestCements)とは、アメリカで開発された、今までのむし歯菌を削って治すという発想とは全く違う、"虫歯菌を削らないでミネラルで殺菌する" という画期的な治療法です。 ドックスベストセメントは、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受け、アメリカでは一般的に用いられている製品です。

ドックスベストセメントの治療法

ドックスベストセメント(Doc's Best Cement)はリン酸亜鉛セメントですが、歯髄保護と抗菌作用(銅イオンの殺菌力)を持つ銅セメントです。銅イオンの持続的な殺菌力は深い虫歯治療において大変有効で、殺菌効果が24時間程度しか持続しない三種混合抗菌剤(3Mix-MP法)より画期的な治療法です。

 虫歯菌に犯された軟化象牙質は、すべて取り除くのが原則です。しかし、虫歯の進行が深いケースでは、軟化象牙質をすべて取ると歯髄が出てしまう場合があります。そのため、歯髄を保存させるため、従来は軟化象牙質を残したまま三種混合抗菌剤を貼布していました。しかし、三種混合抗菌剤は、硬化しないため薬が漏れないように封鎖する必要があります。この封鎖作業が完璧でないと効果がありません。その点、ドックスベストセメントは歯科用セメントなので完全に固まってしまい、操作が煩雑でないぶんミスが少なくなります。しかも、充填後は感染牙質は再石灰化し治癒してしまうという優れものです。

ドックスベストセメントの治療

ドックスベストセメントのメリット

・歯を削る量が少なく済みます
・ほとんど歯を削らないので、痛みがほとんどありません
・神経を抜くリスクが減ります
・治療回数は1回~2回です
・お子様にも安心して使用できます


通常の保険治療との比較

通常の保険治療の場合

・虫歯を削って治療する
・状態によっては神経を抜く場合もあります
・神経を抜くと歯が脆くなります
・神経を抜いた歯は、根っこが折れたり、膿んだりして、将来は抜歯になるリスクが高くなります
・治療期間がかかります
・保険適応なので、費用の負担は少ないです。

歯の神経を抜いてしまうと・・・

・根尖病巣(歯の根っこの膿)が出来やすくなる
・歯根破折しやすく(歯の根っこが折れやすく)なる
・将来、抜歯するリスクが高くなります!

歯の神経を抜くリスク

ドックスベストセメントの流れ

1回目の治療

ドックスベストセメントを虫歯の部分に塗布・充填します。 白い詰め物で治療可能な場合は、白い詰め物をして治療終了になります。セラミックの被せ物が必要な場合は、歯の形を整えて、被せ物を製作する為の型取りをします。

矢印

2回目の治療

被せ物を装着して、治療は終了です。

矢印

メンテナンス

治療した部分が、再び虫歯・歯周病にならない為に、定期健診をしていきます。


>>治療費用はこちら

今すぐ電話する